メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは

 メタボリックシンドロームというのは具体的にどのようなことを意味するのでしょうか。
メタボリックシンドロームは、内臓脂肪が蓄積されたことで生活習慣病のような様々な病気が引き起こされる状態を言います。生活習慣病の原因と考えられているのが肥満で、特に内臓に脂肪が溜まった肥満が問題となっています。生活習慣病と呼ばれている主な病気としては、肥満症や糖尿病、高血圧、高脂血症などがあります。
 その肥満はふたつのタイプに分かれていて、それは体のどの部分に脂肪がついているかで変わってきます。下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に脂肪がついているタイプが皮下脂肪型肥満と呼ばれています。
 そして次に内臓脂肪型肥満と呼ばれるタイプで、これは内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプです。またその見た目の体形から、洋ナシ型肥満、リンゴ型肥満とも呼ばれています。
 メタボリックシンドロームは、その内容がひとつではなく様々にあるのです。又、メタボリックシンドロームには自覚症状がないため、自分では少しも気づかないうちに病気が進んでしまっていることもある怖い病気への引き金となるのです。 メタボリックシンドロームとは何か、まずはこれをしっかりと頭に入れ、その上で自分の体の状態を調べてみる必要があるでしょう。そうすることではじめてメタボリックシンドロームに対する予防と改善を始めることができるのです。


「メタボリックシンドロームとは」写真


Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in /virtual/fgbase/ra_core/system/RaModel.php on line 527