メタボリックシンドロームと予防対策

メタボリックシンドロームと予防対策

メタボリックシンドロームと予防対策

 メタボリックシンドロームという病名と対策が叫ばれていますが、このメタボリックシンドロームとは、そもそもどういう意味なのでしょうか。
メタボリックシンドロームには、内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)という肥満のタイプの人がそれにあたり、このタイプの肥満は、高血糖・高血圧・高脂血症のうちの二つ以上を合併した状態をいいいます。
日本国内に於いては、日本独自の「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」というものが、2005年4月、日本内科学会総会において発表され、それが日本の診断基準となり、現在その対策が考えられています。それまでは、海外で定められたメタボリックシンドロームの診断基準に倣って、診断及び対策が行われていました。
中性脂肪に起因するメタボリックシンドロームですが、中性脂肪の厄介な点は外から見た目では分からない点です。内臓に蓄積された中性脂肪を測るためには、血液検査やCTスキャンが使われていますが、実際このような検査を行なって、初めて中性脂肪が多いと分かる人も少なくありません。 メタボリックシンドロームの診断基準は、具体的には内臓脂肪の蓄積をウエスト径を測定し判定します。男性の場合は85cm以上、女性の場合は90cm以上がその基準値となります。 もし、この内臓脂肪を腹部CT画像で精密に測定した場合の数字は断面積100平方センチに相当することになります。
このようにしてメタボリックシンドロームと判断されて、対策の必要性が勧められるようになります。 中性脂肪が原因のメタボリックシンドロームの予防や治療は、生活習慣の改善によって十分に解消することが期待できます。 定期検診などでHDLコレステロール値が高い場合は要注意です。それを放置している間に中性脂肪が蓄積されていき、重大な疾患にかかるまでその重大さに気付かない人が大半といいます。
中性脂肪が原因で引き起こされる成人病はどれも深刻で、治療よりも、先ず予防が重要と言えます。 今世界中で注目され問題視されているメタボリックシンドロームは、様々な対策のための研究が進められているのです。


「メタボリックシンドロームと予防対策」写真


Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in /virtual/fgbase/ra_core/system/RaModel.php on line 527