動脈硬化にならないために

動脈硬化にならないために

動脈硬化にならないために

 メタボリックシンドロームという言葉を耳にすることがあります。動脈硬化にならないために循環器病をいかに予防するかということが、そのメタボリックシンドロームを対策する本来の目的となります。
動脈硬化症は、HLDというコレステロールが中性脂肪と結合して減るために、LDLという悪玉コレステロールがふえ、動脈の壁に付着して動脈の流れを妨げてしまう状態のことです。 この動脈硬化にならないために予防する循環器病を具体的に挙げると、閉塞性動脈硬化症、心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などがあります。
動脈硬化は、ある程度症状が進まないと症状として現れないという厄介な病気です。しかも、動脈硬化によって起こる循環器病は、主に働き盛りの人に突然発症することが問題になっています。この循環器病は生命に関わる重大な病気に繋がることも多く、更に後遺症も深刻なものになります。
メタボリックシンドロームをそのままに放置しておくと中性脂肪が蓄積され、それはやがて動脈硬化を引き起こすことになるのです。動脈硬化にならないために、メタボリックシンドロームの段階でしっかり対策ができていなければなりません。このことはつまり、メタボリックシンドロームに陥ったとわかった時点で、それ以上悪い状態にならないように予防や対策をして気を付けてさえいけば、大丈夫だということです。
ですから肥満の対策を講じていけば、動脈硬化を引き起こすことが食い止められるというわけです。そして中性脂肪によるメタボリックシンドロームの対策は、まずは生活習慣の改善によって、運動を心がけることが重要です。メタボリックシンドロームだとわかったときでも、その改善に向けて努力すれば、健康な体には戻ることは不可能ではないのです。


「動脈硬化にならないために」写真


Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in /virtual/fgbase/ra_core/system/RaModel.php on line 527