メタボリックシンドロームとその予防

メタボリックシンドロームとその予防

メタボリックシンドロームとその予防

 メタボリックシンドロームとは、内蔵に脂肪が蓄積してしてしまい、高血圧や肥満症、高脂血症、糖尿病などのような生活習慣病が起こりやすくなっている状態のことをいいます。このメタボリックシンドロームの予防という言葉が注目されてきたのは、これらの病気は同時に発症することが多く、そして重複すればするほど動脈硬化になりやすくなってしまいます。つまり、メタボリックシンドロームを予防するということは、先に挙げた生活習慣病になる手前の予備軍を作らないということができます。
 日本人の三大死因はがん、脳卒中、心臓病になっています。その心臓病と脳卒中という疾患が含まれる循環器病は、この動脈硬化が原因となっているのです。メタボリックシンドロームを予防するということは、そんな生活習慣病までをも予防することにつながるのです。
 2005年に日本肥満学会から発表されたメタボリックシンドロームの基準には、まず男性は腹囲(ウエスト)85cm以上、女性は腹囲(ウエスト)90cm以上という数字があげられました。それに加え、血圧130/85mmHg以上、中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満、血糖110mg/dL以上、という基準が含まれるのです。それぞれ基準は、日本とWHO、アメリカとでどれも異なっているのが実情です。しかもその予防法は、基準値自体で必ずしも正確に判断できるといいきれるわけではないため、診断の基準が様々に分かれています。
 糖尿病、心筋梗塞、脳卒中は、メタボリックシンドロームに陥った人がかかりやすい病気ですが、それらはまさに医療費の約30%を占めているというのです。巣いった理由から厚生省はその事態を深刻に捉え、その予防のために生活習慣病患者とその予備軍であろうと思われる人を2015年までに25%減らそうと宣言したのです。 メタボリックの健診が2008年4月から始まるのはこのためですね。 メタボリックシンドロームは、このようにして保健指導を行いながら予防することになったわけです。


「メタボリックシンドロームとその予防」写真


Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in /virtual/fgbase/ra_core/system/RaModel.php on line 527