予防と運動

予防と運動

最新情報

予防と運動

 メタボリックシンドロームなどの予防のため、健康づくりのための運動指針を厚生労働省が、2006年7月に策定しました。ここでの内容は、生活そのものの活動の内容をメタボ予防の運動と捉えて、運動そのものでなくとも通勤通学の歩行なども運動に含んでいます。スポーツやジョギングだけを運動としていないわけですね。
あえて「これからメタボ予防のために運動をします」。とスポーツやエクササイズで構えずとも、生活活動自体を体を動かす活動として捉えています。無理のない範囲での運動を毎日欠かさず行うことによって、健康を増進しメタボにならないようにすることができます。予防のために運動をしたいと考えてはいるものの、メタボ予防の運動にまで手が回らない事も事実でしょう。
そういう人は、日常生活の中での活動量を増やすところからはじめると無理なく進められます。 オフィスワークや立ったままの仕事、家事の中では洗濯や炊事は比較的軽い生活活動になります。 もう少し運動量がある生活活動には、子どもとの遊びであったり、介護や床、庭の掃除が挙げられます。
厚生労働省の運動指針では、この運動量をメッツという単位を用いて運動の強さを計ることを唱えています。 その運動の総量を計る方法はメッツに時間をかけて、つまり時間×メッツの単位をエクササイズと呼んでいます。
1エクササイズは1メッツの運動を1時間というように、例えば2エクササイズは2メッツの運動を1時間という計算になります。 梱包や大工仕事は3メッツなので、2時間の活動で(3×2)は6エクササイズです。 目安としては、一週間で23エクササイズの運動を3メッツ以上の強さで行う運動量がメタボ予防に効果的といわれます。


「予防と運動」写真


Deprecated: mysql_connect(): The mysql extension is deprecated and will be removed in the future: use mysqli or PDO instead in /virtual/fgbase/ra_core/system/RaModel.php on line 527